Translate

2016年7月24日日曜日

リベンジ登山 【登り直したい山】

山ヤのみなさんは悪天で途中敗退したり、登ったは良いけどガスにまかれ展望がなかったりと残念な結果になった登山がそれなりにあると思います。
そうした山に対してはいつかはリベンジしたいと思う人は多いと思います。

自分も本格的に山にハマって4年目という事もあり、リベンジしたい山も結構増えてきたので、今回は趣向を変えて自分がリベンジしたい山を紹介します。

「上州武尊山」
2014/7/27 武尊高原川場キャンプ場からのピストン



登山当日はかなりの高温&ガス(軽い雨)で、当時は体力もそれほど無かったせいかとにかくにキツかった思い出しかありません。
更に剣ヶ峰までひたすらスキー場脇の樹林帯で、ずっと何で登っているんだろう?とひたすら自問自答してた記憶が残っています。

ただ、一瞬ガスの抜けた山頂から見えた急峻な剣ヶ峰の姿が唯一の救い。

今ならば大した事無いコースなので、当時からどのくらいレベルアップしてるか確認も兼ねてリベンジしたいですね。


「鳥海山」
2014/6/21 鉾立からのピストン



こちらも当時の体力としてはCT9時間はかなりの冒険でした。また、茨城在住としては初めての東北遠征登山だったのですが、山行中は基本ガスの中。
更に、大雪渓でガスにまかれた時には軽く恐怖しました。

しかし、下山途中には晴れ間が出てその全容に美しさに感動し、リベンジを誓ったのは良い思い出です。

また、この山行を切っ掛けに地図読みの勉強を始めたので、これはこれで良い経験。

山頂からみる日本海の絶景を拝む為にリベンジ!


「焼岳」
2014/8/28 中の湯ルート→西穂山荘⇔西穂高岳→上高地下山



初めての北アルプス!そして山小屋泊!と活き揚々と挑んだ山行でしたが、どんより曇り&ガスのせいでほとんど展望は無し、がっかり加減は半端ありませんでした。
今となっては焼岳から見えるであろう穂高岳や槍ヶ岳は登ってしまっていますが、自分にとっては北アルプス原点って事で、当時を振り返りながら登り直したいですね!


「屋久島(宮之浦岳)」
2012/7/15 淀川登山口からピストン



ここは途中敗退した訳でも、天候に恵まれなかった訳でもありません。
でも、登り直したい欲求は一番大きいです。

当時は山以外の自然が豊富な観光地をカメラに収めるのがライフワークでした。
この屋久島を訪れたのも世界遺産の一つというのが理由でした。

なので、山の楽しみ方を知らずに若さに身を任せて淀川登山口からの最短コースを駆け抜けてしまったのが今となっては非常にもったい無いと後悔しています。

山の自然を楽しめるようになった今であれば、当時の10倍は楽しめるような気がします。

今度は2泊くらいのテン泊で木々の鼓動、風や水の音を全身で感じながら再び登ってみたいですね!


以上!
山はもう一回行ったからいいや、って考え方はもったい無いと思います。
理由は様々ですが、リベンジ登山どんどんやって行きたいですね!


0 件のコメント:

コメントを投稿