2021年10月10日日曜日

日本温泉巡り その112 十勝岳温泉「凌雲閣」【北海道上富良野町】

 北海道と言えば九州と同じく多くの火山で成る島。

洞爺湖、支笏湖、屈斜路湖はカルデラ湖であることは有名ですが、函館の北の内浦湾も実はカルデラ跡って知ってましたか?

山や温泉に興味が無かった頃はそんな事全く知らなかった訳ですが、現在はちょっとでも火山っぽい地形を見ると何故か動悸が止まらない身体になってしまいました…ハアハア


そんな北海道なのでもちろん温泉もたくさん!

温泉巡りを生きがいとしている身としては訪れたい温泉を多々ピックアップしており、年一くらいで北海道に行ってますがその広さ故になかなか巡りきれていません。

登山とセットで~、って計画するとあまり広範囲を巡り切れないんですよね…


まあ、大好きな北海道、短期間で一気に巡っても勿体ない気がするので人生かけてのんびり巡ってみようと思います。


さて、今回は久々の北海道の温泉、十勝岳温泉「凌雲閣」さんです!


十勝岳温泉「凌雲閣」さんは十勝連峰の中腹標高1280mにあり北海道で最も高所にある宿泊温泉施設です。


訪れたのは7月下旬。

この時は北海道でも連日30℃越えの記録的な猛暑でしたが、外界から離れた高所のこの温泉は涼しい風が吹いていました。

いや~、この温泉にしておいて正解だったわ~。


十勝岳登山を終えた後15時にチェックイン。

この「凌雲閣」さんの直ぐ近くには富良野岳の登山口もあるので、ちょうどこの時間帯は日帰りの登山客がたくさん訪れており温泉も大賑わい。


折角の良泉なので登山客が引くまでしばし待機。


…では、期待の温泉、頂きます!





浴場は男女に分かれており内湯と露天が一つづつ。

いずれもそれなりに大きな浴槽なので、それなりに人が居ても楽しめそうです。


ちなみに時間帯で男女浴場が入れ替わるので一泊すれば両方楽しめます。


泉質は見ての通り、濃く赤茶色に濁り微酸味を有する含鉄-硫酸塩泉。

やや固めなお湯ですが、じわじわと沁みる感じは鉄系のお湯ならでは。

うーーん、グッド!!


そして、なんといっても露天の解放感が素晴らしい!


主峰の十勝岳は三段山の影に隠れてしまっているものの、上ホロカメットク山から富良野岳に伸びる主稜線が一望!

山に抱かれている感じが最高です。

ここは通年営業なので雪や紅葉も間違いなく素晴らしいでしょうね!


噂に違わぬ名湯でした!


宿のご主人から初夏の富良野岳の花々の良さを力説されたので、この時期にきっとまた再訪したいと思います。


来訪日:2021/7/24

-------------------------------------------------------------
 <超絶名湯オススメ温泉 トップ5> 2021.10月現在
1位 籐七温泉「彩雲荘」(岩手県)
2位 明礬温泉「鶴乃湯」(大分県)
3位 黄金崎不老ふ死温泉(青森県)
4位 日景温泉(秋田県)
5位 乳頭温泉「鶴の湯」(秋田県)

<超絶名湯オススメ温泉(ランク外)>
見市温泉旅館 (北海道)
酸ヶ湯温泉 (青森県)
後生掛温泉 (秋田県)
玉川温泉(秋田県)
須川高原温泉(岩手県)
銀山温泉「永澤平八」(山形県)
姥湯温泉「桝形屋」(山形県)
鳴子温泉「滝乃湯」(宮城県)
野地温泉ホテル(福島県)
筌の口温泉「新清館」(大分県)
新湯温泉「霧島新燃荘」(鹿児島県)
吹上温泉「みどり荘」(鹿児島県)

その他、極上オススメ温泉は「全国極上温泉マップ」にて紹介しています!

2021年9月6日月曜日

カムイミンタラの入口「旭岳(大雪山)」【北海道】

2021年も早9月。夏も終わりに向かって一直線。
結局8月は山に1回しか行きませんでしたね…

元々お盆の連休は実家で家族や友人と過ごすのを優先して山の予定を入れないようにしているのと、暑さで低山には行き難く北アルなどのアクセスの良い高い山は混雑するので人混み苦手に自分としては避けがちになってしまう事でしょうかね…

また、最近の8月は晴れる日が少ないような気が。
やっぱり急激は気候変動で日本は確実に亜熱帯化が進んでいるんでしょうね。
この先8月が登山のオフシーズンになる人は増えてくるのではないでしょうか。

さて、久々の山ブログはそんな8月に入る前の7月下旬行ってきた北海道の山旅です。
去年は大雪~トムラウシの縦走の計画していましたが、コロナで公共交通機関が使用不可でスケジュールが調整できず断念。
今年も当初は7月に北海道に行く計画はありませんでしたが、Twitterの山仲間が例年にも増して続々と北海道入りをしているのを目撃し、自分も辛抱たまらん!ってなり急遽突撃した次第です。

急な計画だったのでコロナ禍でも予約不要だった十勝岳山麓の吹上温泉キャンプ場でベースキャンプを張って周辺の山に登る、といったざっくり計画で行ってきました。

今回はそんな山旅で登ってきた1座目の大雪山(旭岳)をレポしたいと思います!

「旭岳(大雪山)」(2291m)
*姿見平から望む旭岳

コース:姿見駅→旭岳山頂→間宮岳→中岳温泉→裾合平→姿見駅
2021/7/24

吹上温泉キャンプ場から車を走らせ大雪山旭岳ロープウェイ駅に。
夏季ロープウェイは6時始発ですが、連休真ん中で好天予報だったので混むと考え5時には到着。それでも既に20人くらいは並んでいました。
北海道の夏は4時前には明るくなるので、6時発でも遅い感じがしますね(笑)

早めに並んだおかげで始発に乗れ6時には姿見駅へ到着。
自分は北海道には何回も来ていますが、意外にも大雪山系は初めて。
何度も写真でみた噴気上げる旭岳の姿をやっと生で見れ感慨深かったです。

少々雲多めですが、晴れてくる予報なので気にせず出発!

姿見駅を少し離れると早速チングルマの群落がお出迎え。
想像以上の群落に大興奮!写真が捗ってなかなか前に進めません!(笑)
ただ、既に綿毛になったものも多くピークは過ぎてしまったようですね。

姿見駅周辺は登山者以外にも自然を楽しめる遊歩道が整備されており、一般観光客もこの絶景を楽しめるのは本当に貴重だと思います。

姿見の池です。
荒々しい迫力の旭岳とそのリフレクションが拝める人気のスポット。
遊歩道はここまでで、これから先は山頂を目指す登山道になります。


旭岳の火口壁の縁に沿っての本格的な登り。
噴気を上げる火口を望みながらの路はまさに火山!楽しくなります。

右手には富良野岳まで続く大雪山系の峰々が望めるはずですが、この日は高温のせいで白やんでしまい、天気の割には展望が微妙な感じでした。

石砂礫の中にも短い夏を力強く生きる花々があります。
そういえば、この花はカムチャッカ半島であっちこっちに咲いていたのを思い出し懐かしくなってしまいました。
次に自由に海外に行けるようになるのはいつになるのでしょうか…

そして、更に標高を上げ旭岳山頂到着!
同時に北海道最高峰!ありがとうございます!


山頂に着く頃には薄雲も抜けてきて青空多めになってくれましたが、やはり白やんでいて展望はもう一息って感じ。
でも、遠征先でこの好天は感謝!

まだ人も少なくのんびりしたい所ですが、今日は午後から天気が不安定という事で先を急ぎます。今回は中岳温泉と裾合平も目的なので、登ってきた方向とは逆方向に進みます。

裏旭キャンプ場に向かっての下りはほぼ一年中残ってる大雪原。
連日の高温で雪もだいぶ緩んでいてツボ足で十分でしたが、場合によっては滑り止めがあった方が良さそうですね。
雪原を吹き上がる風がひんやりして気持ち良いーー!

裏旭キャンプ場です。
思ったよりお客は少ない感じがしましたが、もう撤収した後なのかな?
雪渓のおかげで水も豊富で過ごしやすそうです。
ただ、縦走途中に使うにはロープウェイ駅から近過ぎるのでちょっと気軽に山中テン泊したいな、って時には良いかも知れませんね。


旭岳をバックに荒井岳への登り返し。
火山らしい荒涼とした大地の縦走路。こういう路は大好物です!

なんとも不思議な感じの間宮岳山頂部。
いったいどんな条件が重なったらこんな植生分布になるんでしょうね。

間宮岳から中岳分岐までの路の右手には御鉢平と言われる噴火口跡が広がっています。
地図にはこの中に「有毒温泉」と書かれたので気になって調べてみましたが、未だ火山性ガスが吹き出ており非常に危険なので立入禁止になっているそうで、残念無念。


中岳分岐を過ぎて中岳温泉に向かって標高を下げ始めます。
ちょうど写真の真ん中の岩壁の下に温泉があるようです。
ここも右手に比布岳を望みながらの気持ち良い尾根路。
当初この比布岳を加える周回コースも考えてましたが、温泉優先!(笑)

中岳温泉まで降りてきました。
そこそこお客もいるので全身浴は諦めて足湯で我慢…(残念)
すぐ近くにあるテントは脱衣所では無く携帯トイレ用の仮設トイレなのでご注意下さい。

では足湯で失礼しまーす!
湧き出る温泉はかなりの高温なので沢水と混ざる適温の場所を探して楽しみます。
薄く白濁しほのかに硫黄が香る良い湯ですね~

一緒に温泉を楽しんでいた人達は自分と同じく関東からの遠征組と地元の方。
地元の方はなんと週一くらいで足を運んでおり、なんでも遠征してくる人達とお話するのが趣味だとか。北海道の色々な山を話を聞けて楽しかったです。

温泉を満喫した後、裾合平に向かいます。
裾合平もチングルマのお花畑が素晴らしいと聞いてましたが、さてどんなかんじなのか?



言葉を失うとは当にこの事。

本当に現実にある風景なのか?と疑いたくなるほどのチングルマのお花畑がどこまで広がっています。
ところどころには希少なピンクのチングルマもあり白一色の中に彩りを添えていました。

これは本当に良いもの見せてもらいました。
これが見れただけでも今回の北海道遠征はもう大成功と言っても良いでしょう!!

年甲斐も無くお花畑に心躍らせた後は姿見駅に向かって帰路につきます。


ちょうど旭岳をぐるり一周するようなコースなので帰路は旭岳を左手に望みながら歩きます。もうトンボも多く飛んでおり、夏が始まると同時に終わりが始まる北海道に哀愁を感じてしまいました。

遊歩道まで戻ってきました。
時間はちょうどお昼頃という事で観光客もいっぱい。


混雑は苦手なのでそそくさと撤収しようと思いましたが、朝方はまだ陽が射していなかった遊歩道も明るくなっており、綺麗な旭岳とお花畑が撮れそうだったのでのんびりもう一周散歩する事にしました。

歩いていると色々なところから観光客の歓声が聞こえます。
まあ、これだけの景色を見せられれば誰でも嬉しくなりますよね!

そして姿見駅からロープウェイで下山!
お疲れ様でした。

今回初めての大雪山でしたが、良い時に登れて良かったです。
姿見駅付近のチングルマはピークを過ぎており、最初はちょっと残念気分になっていましたが、裾合平はちょうどピークで大満足!

神々の庭「カムイミンタラ」と呼ばれるに相応しい絶景を見せてくれて感謝しかありません。

とは言え、旭岳はまだまだ「カムイミンタラ」の入口。
この先にどんな景色が広がっているのか思いを馳せつつ、次の縦走する機会を楽しみに待ちたいと思います。

以上です!

2021年7月7日水曜日

【後編】新緑と滝の織り成す渓谷美「大杉谷渓谷・大台ケ原」【三重県 奈良県】

 「前編」からの続きになります。
今回は桃の木小屋から先の大杉谷渓谷の核心部と大台ケ原登頂までを紹介します。

朝6時頃に桃の木小屋出発。
大台ケ原山頂バス停まで最短で向かうなら朝食を食べてからでも十分バスに間に合いますが、大台ケ原のハイキングコースもしっかり歩きたかったので、朝食をお弁当にしてもらい早めの出発としました。

天気は青空が見えるものの雲が多め。
小屋では携帯電波は入らないので天気予報も確認できず、さてこれからどうなるか?
期待半分不安半分でいざ出発!!

小屋からしばらく進むと日本の滝100選にも選ばれている「七ツ釜滝」が見えてきます。
その名の通り、大きな釜が何段にも続き流れ落ちる豪快な滝。
遠目でしたが、その迫力は十二分に伝わりますね。


桃の木小屋以降の渓谷はまさに核心部!
路も細くなり岩壁のトラバースや滝の高巻きの繰り返し。鎖もありますが滑り易い場所が多くなかなか気が抜けません。
ちょっとしたつまずきでも大怪我になるので要注意!

とは言え、渓流の水が本当に綺麗。
当日はそれなりに暑い日だったので飛び込みたい衝動に何度駆られた事か(笑)


神経をすり減らしながら更に進むと、大杉谷渓谷の新たなスポットとなった崩落地に着きます。
この崩落地は2004年9月の台風によって引き起こされた山体崩壊によって生まれ、その後大杉谷を10年間に亘り通行止めにしていました。
現在では安全確認がとれ通行可能となっていますが、積み重なった家の大きさ程もある多くの巨石の間を縫って進む路では自然の巨大な力を目の当たりにすることができます。
10年以上前とは言え、地球の歴史にして見れば一瞬前の出来事なので山体崩壊の現場がこれだけ生々しく見れるのは貴重な場所かと思います。

崩落地を過ぎた後に振り返って撮った写真です。
崩落の形がなんとも生々しい。
しかし、もう少し規模が大きい崩落だったら沢を塞いでしまい大杉谷渓谷は無くなっていた可能性もあるって事ですよね…

そして、大杉谷渓谷コースの最後のスポット「堂倉滝」に到着。
迫力は今までの名瀑達よりも劣りますが、その均整の取れた形とエメラルドグリーンに染まった大きな滝壺はまるで絵画のよう。

さて、メインの縦走コースではこの堂倉滝で渓谷ルートとはお別れ。
大台ケ原最高峰の日出ヶ岳に向かって本格的な登りの尾根ルートになります。
少し残念ですが大台ケ原も初めてでメインの一つなのでレッツクライム!

尾根をしばらく登ると林道と合流します。
ちなみにこの林道は渓谷コースが増水等で通行できない場合のエスケープルートになっており桃の木山の家の近くまで繋がっています。

そして、このすぐ近くには粟谷小屋があります。
補給も必要無かったので今回はスルーしましたが、自分とは逆の大台ケ原→大杉谷渓谷のコースをとるなら桃の木小屋より便利そうなのと、あとは沢登りや渓流釣りのお客さんが多いみたいですね。


粟谷小屋から更に標高を上げシャクナゲ平までやってきました。
その名の通りシャクナゲが群生している場所ですが、まだつぼみのものも多くピークには少し早かったようです。

いよいよ日出ヶ岳までの最後の登り!
あたりはすっかりガスの中!(悲)
粟谷小屋くらいまでは青空が見えてましたが…無念なり。

そして、大台ケ原最高峰の日出ヶ岳に到着!ありがとう御座いました!
まっちろ&強風&激寒の残念山頂ですが、お客さんはそこそこ。
さすが百名山ですね(笑)

生憎の天気なので、さっさと山頂バス停まで行ってレストハウスあたりで一杯やりたい気分になりましたが、このまま直行するとバスまで3時間以上待ちそうだったので、淡い期待を胸に予定通り大台ケ原ハイキングコースを歩いてみる事にしました。

山頂部の笹原と木道。
山頂ではガスだけでしたが、雨まで降ってきました。
晴れていればきっと太平洋や大峰山脈が見渡せる好展望の路なんでしょうね~(白目)

先に進むと何故か神武天皇像が。
こういうのがあると山ってよりは観光地っぽさがマシマシですよね。
神武天皇と大台ヶ原にどんな関係が?って調べようとしましたが、なんかめんどくさくなってやめました(笑)

大台ケ原名物の大蛇グラまできました。
ハイハイ、虚無虚無。
岩も滑りやすく先端まで行く理由も無いので途中で止めておきました。

まだ時間もあるのでどこかで晴れ待ちしようとも考えましたが雨風が強まる一方なのでゴールの山頂ビジターセンターに向かうことに。


人の少ないハイキングコースをのんびりふらふら。
晴れてればきっと気持ち良い笹原広がる路や、山頂部でありながら水が豊富な苔むした森。
思ったより色々な姿を見せてくれました。

そして、ゴールの大台ヶ原山頂ビジターセンターに到着!
お疲れ様でした。
あまりの視界の悪さにバス停の位置がわからず係員の人に聞いてしまいました。

この後はバスの時刻まで山頂レストハウスで乾杯!
下山即ビール!車を運転しないで良いって素晴らしい!(笑)

無事バスに乗り込み、帰りは近畿鉄道吉野線の大和上市駅へ。
そこから電車とバスで大阪空港まで行き、飛行機で関東へ戻りました。
当初は一泊して大阪観光する予定でしたが、最初に書いたようにちょうど関西都市部でコロナが急拡大してた時だったので、それは断念…
関西方面にくる機会はなかなか無いので残念でした。

さて、今年のメインイベントの一つとして考えていた大杉谷渓谷~大台ケ原、無事歩くことができて良かったです。
日本一の降雨量を誇る大台山地が作り上げた新緑の渓谷美は本当に素晴らしく、雷鳴の如く岩壁を流れ落ちる名瀑群は圧倒的でした。
大杉谷渓谷はまだまだ知名度が低いですが、みなさんに歩いて欲しい名コースと自信を持ってオススメできるので、大台ケ原を計画する人は是非検討してみて下さい!
ただ、毎年滑落事故が起きてるように、それなりに危ない路なのも事実なので、無理せず余裕をもった計画が必要とも感じました。

紅葉シーズンも素晴らしいと聞いたので、チャンスがあればまた行きたいですね!

以上です。