Translate

2018年7月27日金曜日

日本温泉巡り その61 「湯ノ花温泉」【福島県南会津町】

太平洋高気圧さん、そろそろ黙ってくれませんかねぇ~。
なんて、ぼやきたくなるくらい暑い日が続いていますが、みなさま如何お過ごしでしょうか?

さすがに温泉好きな自分でも、これだけ暑いと足が遠のいてしまうのが実際のところで…。
たとえ、温泉を巡って良泉に出会えても、その良さを存分に堪能できないので勿体無い気持ちが勝ってしまう感じです。

まあ、そんな時期にも山帰りの汗を流す為に立ち寄る温泉で名湯との出会いはあるので、更新頻度は落ちますが紹介していきたいです。

その61は、前回のブログの「田代山・帝釈山」の帰りの立ち寄った福島県南会津町の「湯ノ花温泉」です。

ちょうど登山口へ続く道沿いにあるので、登山帰りに利用する人も多いと思います。

この「湯ノ花温泉」は小さなの旅館が数軒あるくらいで非常にこじんまりとした温泉地。
また、日帰り温泉施設の様な目立ったものは無く、立ち寄り湯は数箇所ある共同浴場になります。

共同浴場に入る為には、まずメインの共同浴場「弘法の湯」の対面にある「星商店」さんで「湯巡り券(¥200)」を購入します。
(写真無くてすみません)

安い!これを買えば巡り放題っていうのが太っ腹ですね!
駐車場もこの「星商店」さんの場所をそのまま使えます。

では、1湯目「弘法の湯」。
ここは共同浴場の中でも最も一般向けで、男女別でロッカーもあり、普通の人でも抵抗無く利用できます。

湯船は石造りの内湯が一つだけですが、加温加水無しで源泉が掛け流されています。

では、いただきま~す!

あぁぁぁぁ~、熱沁みる~。
泉質はほんのり緑色でちょっぴり塩っぱい弱食塩泉。
硬めなお湯が登山で疲れた身体に染み渡ります。

湯温は41℃くらいで冬場なら適温ですが、この日は夏日であまり湯ったりできませんでしたが、湯船から出ると風が心地よく感じ、出たり入ったりと30分くらい満喫しました。

お次は「星商店」の横の川に向かって下る道をいった先にある「石湯」へ。
大きな石が建屋の一部になっている特徴的な浴場です。


こちらは混浴で内湯が一つ。
浴場の窓の外には渓流が流れており、渓流のせせらぎがなんとも心地良い空間を演出していました。

では、いただき!!

あっつ~~~!!
泉質は先の「弘法の湯」とは異なり清廉な無色透明の単純泉ですが湯温が熱っつい!43℃くらいありそうです。
でも、そのおかげの気化熱効果で入った後は夏日でも涼しく良い感じに。


では、お次!
って行きたいところでしたが湯温高めの「湯ノ花温泉」をこれ以上巡るには、さすがに気温が高すぎるので、今回はこの2つだけ。
泉質はもちろん共同浴場の雰囲気もかなり好みだったので、ちと残念でしたが、また改めて秋や冬に訪れたいと思える良い温泉でした!

以上です。

来訪日:2018/6/17
------------------------------------------------------
<超絶名湯オススメ温泉 トップ5> 2018.7月現在
 1位 籐七温泉「彩雲荘」(岩手県)
 2位 明礬温泉「鶴乃湯」(大分県)
 3位 乳頭温泉「鶴の湯」(秋田県)
 4位 野地温泉ホテル(福島県)
 5位 後生掛温泉 (秋田県)
 
その他、極上オススメ温泉は「全国極上温泉マップ」にて紹介しています!

0 件のコメント:

コメントを投稿