Translate

2013年2月18日月曜日

【後編】復興商店街スタンプラリー 【がんばれ東北!】


後編です。
前回の大船渡市から更に南下して陸前高田市に入りました。

自分はドライブの時によく行く場所に「道の駅」があります。
その地域ならではの特産品やお土産が買える場所として活用している人も多いと思います。

この陸前高田市にも海産物が人気の「道の駅 高田松原」がありましたが…、


海に面していた場所に建っていたのでほぼ壊滅状態です。
それにこの陸前高田市は今まで見てきた被災地と比べて被災の規模がケタ違いのような感じがしました。

…何も無い。

ここに降り立って出てきた一言がこれでした。
ガレキとはは無く綺麗にはなっています。ただ本当に「何も無い」。
少し寒気がしました。

あと、この道の駅跡地には慰霊碑が立てられています。
皆さんも訪れる機会があったら是非手を合わせてください。

更に南下して、宮城県気仙沼市に入りました。


交差点に船が鎮座していました。
聞いた事がある人もいると思いますが、これが「第十八共徳丸」です。
観光バスとかも来ており、ちょっとした観光スポットになっているようです。

今後この船をそのまま残して周辺を記念公園にする計画もあるそうですが、負の遺産と考えると複雑な気分ですね。

さて、気仙沼市の復興商店街「南町紫市場」にやってきました。



この気仙沼市もぱっと見は建物とか残っていますが、ほとんどが外観のみで中身はからっぽで被害の大きさを痛感します。
でも、商店街自体はちょうど地元のラジオ局の取材も入っており、すごくにぎやかで活気がありました。

ここではTシャツを購入して、スタンプを頂きました。


これで、ノルマ達成!
景品は抽選で「SAでのペア食事券」もしくは「温泉地ペア宿泊券」になります。

ペアですか、
…一人でも使えるかな??

まあ、景品目的ではないので当たっても当たらなくてもどっちでもいいですけどね。


今回の旅行はこれにて終了です。
中尊寺と復興商店街スタンプラリーとあいかわらずのんびりとは程遠い強行日程でしたが、とても充実できました。

各被災地も震災から2年たっていましたが、「やっと片付いて、これからがスタート」そんな印象を受けました。
今回のスタンプラリーも3箇所のみの紹介でしたが、対象となっている商店街は22箇所。
まだまだお金が必要な被災地、機会を見つけてまた行こうと思います。

おわり。

0 件のコメント:

コメントを投稿