Translate

2016年4月26日火曜日

春と桜と竹原と 【たまゆら 聖地巡礼(2日目 後篇)】

1日目(前篇)からの続きです。

聖地巡礼2日目!

この日(4/10)はこの竹原市のイベント「桜まつり」が開催されるって事で行ってみることに。
この「桜まつり」も劇中に登場したイベントで、更に会場となるバンブージョイハイランドも完結編の重要なシーンになっていたので楽しみです!



やってきました。桜祭り!
桜は満開よりちょっと散っていますが、まだまだ見頃ですね。

ちょうどステージでは色々出し物をやっており、劇中と同じでちょっと感動。

メインの公園より少し離れた場所になりますが、劇中で主人公が生まれた記念に父親が植えたという設定の桜があります。
もちろん、架空の人物なので、この桜は町がファンの為に植えてくれたものです。
訪れるファンとしては、こういう迎える側のさりげない心遣いは本当に嬉しいですね。

そして、この桜のある場所は完結編で主人公を送り出すシーンになった場所でもあります。

完結編のテーマソング「卒業写真」を脳内で流しながら撮影していると、劇中のカラーリングそのままの電車が来てくれてびっくり。
かなりテンション上がりました。

さて、桜まつりを堪能した後は、完結編で新たにスポットになった黒滝山山頂に向かいます。
山ヤとしても登らない訳には行きません!

登山口にある「さくら堂」です。
地元の方々が花見をしていました。

登山道途中から黒滝山を臨みます。
竹原市忠海町のシンボル的存在で、登山道の途中には観音堂や33体の石仏が並んでいます。
観光客よりは地元の人たちに慕われている地域密着の山のようですね。

道は舗装されていて、ちょっと歩き応えのある散歩道って感じ。
登山口からの標高差は120m、時間は20分程度で山頂に到着します。


標高は低いですが、瀬戸内の多島美と忠海の町並みの絶景が拝めました。
ちょっと薄曇りなのは残念でしたが、また次の機会を楽しみにしてましょう。

この後は帰りの飛行機までの時間調整で再び竹原市街の散策。
街並み保存地区以外にも足を広げてみました。



いずれも、思い入れのあるスポットです。

では総括。

実はこの竹原市はアニメを知る以前に厳島神社観光の帰りに飛行機までの時間調整で立ち寄ったのが初めてでした。

そこで「たまゆら」ってアニメの存在を知り、ずっぽりハマってしまったのが始まり。

その結果、竹原に4回も関東から遠征するほどになってしまった訳ですが、後悔なんて全く無く、完結してしまった後もこのアニメを好きで良かったと思っています。

この作品では、人と人の繋がりによって成長していく主人公がメインに描かれていますが、それがどれほど大切なものかは若い間には気付きにくく、この作品も良さはわかり難いかも知れません。
逆に、そういうものの大切さがわかる程度に年齢を重ねた人が見ると引き込まれるものがあると思います。

これから先も「たまゆら」が好きだって気持ちは変わらないですが、正直今後こんなに頻繁に竹原に行く機会はないような気がします。
でも、この街はアニメの中だけでは無く、現実でも思い入れの強い街になったのは事実です。

何年後になるかわかりませんが、きっとまた訪れると思います。
その時には劇中と同じように、変わらない風景や人々が出迎えてくれると思います。

おかえりなさいと―。

最後に、こんな良い作品を作ってくれたSTAFFに感謝。

そして、

たまゆら、ありがとう!!



0 件のコメント:

コメントを投稿