Translate

2013年6月12日水曜日

春芽吹く本州北の果て【青森県 下北半島ぐるり一周ツアー その1】

やっぱり旅は最高だぜ!!

いきなり結論から入りましたが久々?に本格旅行に行って来ました。
本格梅雨入り前に一回どっかいっておきたいな~って考えた結果、一泊二日で本州最北端の青森県下北半島をぐるり一周してみることにしました。

この下北半島は有名所としては「恐山」ぐらいしか思いつかない人が多いと思います(自分もそうでした)。
しかし、新緑眩しいこの季節、想像以上に壮大な風景を見せてくれたこの下北半島をがっつりお届けしていきたいと思います。

1回目は下北半島の付け根にあり、入口である「横浜町」をお届けします。

この横浜町の名所は「菜の花畑」です。
さて、今回のツアーの一発目、どんな風景が広がっているのでしょうか。



そこには、まさしく「絵で見たような菜の花畑」が広がっていました。

作付面積は120ha(東京ドーム25個分)だそうです。
まあ、そんなことはどうでもいいと思える程雄大な風景が広がっています。

本来の最盛期は5月の中旬、その時に合わせて「菜の花フェスティバル in よこはま」が開かれていますが、今年は5月の頭にしばらく寒気が居座ったせいか今が最盛期になっていました。



フェスティバルの時はマラソン大会も開催されているようなので機会があれば是非参加したいですね。
この景色の中を疾走できるなんて最高だと思います。

さて、幸先良いスタートを切った今回の旅。

次回は三途の川を渡りに行きたいと思います。

ではでは。

つづく…

0 件のコメント:

コメントを投稿