Translate

2017年6月3日土曜日

日本温泉巡り その35 後生掛温泉 【秋田県】

すっかり初夏の陽気で温泉に行く頻度もめっきり減ってしまった今日この頃、みなさま如何お過ごしでしょうか?

さて、ちょっと前になってしまいますが、4月の中旬に秋田県の温泉巡りに行って来たので今回はその一つ「後生掛温泉」を紹介します!

後生掛温泉は八幡平の秋田県側の麓にありますが、八幡平といえば個人的には日本一…、いや世界一と思っている「籐七温泉」があり、今までこちら方面に行った時には籐七温泉一択でした。

しかし、今回訪れた4月中旬は籐七温泉は冬季休業中って事で、今まで気になっていた「後生掛温泉」に行ってみることに。


4月中旬といえども、さすが北東北の山間部、雪はたっぷりです。
そして、宿の入り口すぐ横には硫黄香る湯気立つ大地が!
温泉好きとしては堪らないシュチュエーションですね!!

建物の外観は工事中というのもありますがプレハブ的感じであまり高級感はありませんが、…

中に入るとびっくり!十分過ぎる程立派なお宿でした。

この日は旅館部の一番安い6畳一間の部屋を予約してましたが、お値段そのままにお部屋のグレードアップしてくれて感謝感激。
従業員の人たちも温かい雰囲気でとても居心地が良かったです。

と、旅館の質は一級品でしたが、本題の温泉はどうでしょうか!?
では、頂きます!



…あっ、すいません、住んでいいですか?(至福)

泉質は火山泥が混じる単純硫黄泉。ほのかに香る硫黄と天然泥パックのおかげで身体の芯からポカポカ&お肌はツルツル。
籐七温泉よりも少し薄いかなって泉質ですが、そこらの名湯が裸足で逃げ出すレベルの超絶名湯です。

内湯は湯治場の雰囲気も残しつつも、泡風呂、蒸し風呂、泥たっぷり風呂と色々なバリエーションが楽しめる現代SPA要素を取り入れているのはお見事!

でも、露天が狭く物足りないのは残念でしたが、そんなことはどうでも良くなる程高レベルの温泉でした。

こんな名湯に出会えて幸せです!!


これから八幡平に来た時は籐七、後生掛、どっちの温泉に入りにいくか毎回悩んでしまいそうです。

久々のベスト5入り!
3位にランクイン!
八幡平周辺、最強過ぎる!!

--------------------------------------------------
<個人的温泉ランキング> 2017.6月現在
― 1位 籐七温泉「彩雲荘」(岩手県)
― 2位 吹上温泉「みどり荘」(鹿児島県)
― 3位 後生掛温泉 (秋田県)
― 4位 塩原元湯温泉 「大出館」(栃木県)
― 5位 わいた温泉 「豊礼の湯」(熊本県)

<ランキング外 殿堂入りオススメ温泉>
ニセコ昆布温泉 「鯉川温泉旅館」(北海道)
喜連川温泉 「早乙女温泉」(栃木県)
白骨温泉 「泡の湯旅館」(長野県)
入之波(しおのは)温泉 「山鳩湯」(奈良県)
新湯温泉 「霧島新燃荘」(鹿児島県)
野沢温泉 「大湯 他」(長野県)
那須湯元 「鹿の湯」(栃木県)
蔵王温泉 大露天風呂(山形県)
塚原温泉 「火口乃泉」(大分県)
湯布院温泉 「庄屋の館」(大分県)
筌の口温泉「新清館」(大分県)
万座温泉「豊国館」(群馬県)
中山平温泉(鳴子)「しんとろの湯」(宮城県)

0 件のコメント:

コメントを投稿