Translate

2018年5月30日水曜日

日本温泉巡り その59 鳴子温泉「早稲田桟敷湯」【宮城県】

その59!前回から続いて鳴子温泉よりお届けします。
今回は鄙びた雰囲気が売りの鳴子温泉の中でも少し特異な日帰り温泉施設「早稲田桟敷湯」を紹介!

鳴子にあって何故早稲田?って疑問に思って調べてみると、なんでもこの湯は早稲田大学の学生たちによってボーリングされた温泉だそうです。
当時は木造のこじんまりとした建物で「早稲田湯」の名で親しまれていたようですが、平成10年に早稲田大学の手によってモダンな石造りの建物にリニューアルされたとの事で、総早稲田大学プロデュースな温泉です。

建物はやはり鳴子温泉の中では特異なベージュ色の石造りで形も前衛的。
掲げられている暖簾もおしゃれ。

場所は公共大駐車場の目の前で、更に駅からも歩いて5分くらいなので非常にアクセスは良い感じです。

では、学生が若気の至り?で掘り当てた温泉、頂きましょう!

湯船は木製ですがその他は石造りで非常の天井が高く、室内ですが開放的な空間が演出されています。
また、湯船に注ぐ湯の音が高い天井のおかげか良く響き、なんとも心地よい雰囲気です。

泉質はわずかに湯の花浮かぶ薄い濁り湯ですが、硫黄の香りはしっかりの含硫黄塩化物泉。
ただ、湯温はかなり熱く、のんびりゆったりとはいかず短時間でガツンと効かせるタイプでした。

今まで入ってきた鳴子の湯とはちょっと違う感じですが、もともと泉質の種類が多岐にわたる鳴子なので、こういう温泉あっても不思議じゃないですね。
いやはや、鳴子は奥が深いです。

営業時間も9時~22時で比較的寄り易い、皆さんも鳴子に来た時は是非!

以上です。

来訪日:2018/3/25
------------------------------------------------------
<超絶名湯オススメ温泉 トップ5> 2018.5月現在
 1位 籐七温泉「彩雲荘」(岩手県)
 2位 明礬温泉「鶴乃湯」(大分県)
 3位 乳頭温泉「鶴の湯」(秋田県)
 4位 野地温泉ホテル(福島県)
 5位 後生掛温泉 (秋田県)
 
その他、極上オススメ温泉は「全国極上温泉マップ」にて紹介しています!

0 件のコメント:

コメントを投稿